偏頭痛

  • こめかみから目にかけてズキズキとする
  • 吐き気や嘔吐も伴っている
  • 強い光や音で増悪する
  • 検査をしても原因がハッキリしないと言われてしまった
  • 頭痛薬を使い続けるのが嫌だ

偏頭痛はこめかみから目にかけてズキズキと心臓の拍動にあわせるリズムで痛みが出現している状態です。脳の視床下部と呼ばれる自律神経の中枢にストレス(強い光、大きな音、寝不足、対人関係etc……)がかかることで増悪するとされますが、明確な原因はいまだに解明されていないとされています。ですが偏頭痛に限らず、腫瘍や出血を伴わない頭痛は①骨格の歪みによるストレートネック→肩凝りによる血流障害脳の疲労→自律神経の乱れ。この二つが関与するのは間違いありません。偏頭痛に一生悩まなくてはいけないのかと諦めている方は、先ずはやわらグループにご相談ください。

深部整体による偏頭痛へのアプローチ

やわらグループ独自の整体術である深部整体は①肩凝りによる血流障害自律神経の乱れに対して纏めてアプローチする施術です。先ず①の原因である肩こりですが、これは猫背姿勢になることで筋肉にストレスを強要しているのが問題です。これは背骨の土台である骨盤が歪むことで生じる現象なので、骨盤のポジションを調整した上で筋肉の緊張をとっていく必要があります

②につきましては体の関節、特に頭蓋骨の縫合付近には疲労している脳や自律神経をリラックスさせる神経受容体が多く存在し、ここを刺激することで披露しながらも過剰に興奮してしまっている脳を落ちつけることが出来ます。ここまで読むと何だか沢山の施術を受けなくてはいけないと想像されると思いますが、やわらグループ独自の深部整体は①②に纏めてアプローチ可能な技術になります
深部整体についてはこちらをクリックしてください。