半月板損傷

  • 膝に体重をかけたり曲げ伸ばししたときに痛みがある
  • 膝に引っかかりや圧迫感がある
  • 膝に水が溜まっている
  • 膝が伸びない
  • 膝の曲げ伸ばしでグズグズ音がなる

半月板損傷半月板損傷は太ももの骨とすねの骨の間にある軟骨が、怪我や姿勢不良が原因で傷ついたり断裂した状態のことをいいます。

半月板は膝のクッションの役割と関節を安定させる役割があるため、一度損傷してしまうと膝の曲げ伸ばしで痛みが出たり、膝の中で引っかかりを感じる症状がでます。

そのままにしてしまうと、関節内に水が溜まったり半月板が関節の間に挟まり一時的に膝が固まる「ロッキング」を引き起こします。

 

半月板損傷になる原因

スポーツの現場において多くみられます。ジャンプする瞬間や着地、切り返しで膝を捻った状態で体重をかけるときに起こります。

また、普段の何気ない歩き方や姿勢や筋力低下、加齢からも起きることがあります。

起きやすい方の特徴として、靴のかかとの外側が極端にすり減っていると危険信号です。

半月板損傷の当院での治療法

膝にかかる負担は、立ち姿勢・歩行姿勢によります。深部整体で足首・膝・股関節・骨盤・背骨・頭の位置(重心)をコントロールし、膝にかかる負担を軽減します。

また、膝の関節内には超音波治療器やハイボルト電流で循環させ、それでも歩行が不安な方には包帯で圧迫固定を施します。

さらには、運動指導・姿勢指導といった、正しい体の使い方も教えていきます。