不眠症

  • なかなか寝付けない
  • 睡眠に入れるが数時間おきに起きてしまう
  • 睡眠時間は取れているが眠い
  • 睡眠導入剤を飲んでいる
  • 寝具が合っていない気がする

現代人の3人に1人が睡眠に悩まされていると言われています。

あなたは満足のいく睡眠が取れていますか?

不眠症とは?|横浜市中区・磯子区 鍼灸接骨院・整体院やわらグループ

なんらかの影響で睡眠が上手にとれない状態を不眠症といいます。

不眠症は大きく分けて4つに分類されます。

・入眠障害

布団に入ってから寝るまでに30分以上かかり中々寝付けない。

・中途覚醒

睡眠に入っても何度も起きてしまう。一度目覚めると再び寝るのが困難。

・早朝覚醒

目覚ましよりも1時間以上早く起きてしまい、その後寝れない。

・熟睡障害

十分な睡眠時間は確保できているのに、日中眠気が強い。

以上の4つが不眠症のパターンになります。

各パターンともどの世代にも起こりえますが、中途覚醒と早朝覚醒は中高年、

高齢者の方が比較的多くみられます。

不眠症、睡眠不足が続いている方は、いずれ精神疾患(うつ状態)や高血圧、

心筋梗塞などの生活習慣病になる確率が1.5~2倍にもなると言われています。

また睡眠不足により、免疫力や回復力も低下するので、肩こり・腰痛なども引き

起こしやすい事や長引くことがあります。

不眠症の原因とは?|横浜市中区・磯子区 鍼灸接骨院・整体院やわらグループ

不眠症の原因は1つに限らず様々要因から起こることが考えられます。

身体の痛みなどが原因で起こる身体的なものや、ストレスや神経・ホルモンが影響している

精神的なものです。主には精神的なものがほとんどの理由にあげられます。

睡眠には自立神経が大きく関わってきます。自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあり

この2つのバランスが取れている事で睡眠が上手にとれます。

交感神経は主に日中に活動し、副交感神経は睡眠時などのリラックスする時に活動するのですが、仕事、人間関係、テレビ・スマホの光、添加物などの食事など様々なものが影響してストレスがかかり、昼夜問わず興奮する作用がある交感神経が優位になり、睡眠の質が低下し不眠症となります。

睡眠に重要な自律神経は、自分の意志では操れない事や、見た目からは乱れていることが分かりにくい事、一度乱れてしまうと安定させるのに時間がかかってしまう事があります。

 

不眠症の治療法|横浜市中区・磯子区 鍼灸接骨院・整体院やわらグループの施術とは

【病院での一般的な治療法】

不眠症のほとんどが精神的なものが原因となる為、睡眠導入剤や精神安定剤を処方されての経過観察が主になります。他には規則正しい生活を指導されることでしょう。

規則正しい生活はもちろんですが、お薬に頼るとお薬がないと余計に寝れなくなったり、かえって不安を煽り寝れなくなってしまう事があります。

不眠症を改善させるには何によるストレスが原因なのか(仕事・人間関係・食事など生活習慣)を突き止め、自立神経を整えていく必要があります。

【横浜市中区・磯子区鍼灸接骨院・整体院やわらグループの施術】

当院では深部整体術による自律神経調整を行います。骨格の歪みからも自律神経が乱れます。自律神経が関係している部分として、頭蓋骨・脊柱・仙腸関節を調整していくことで安定した身体を作れます。それに加え、MCC治療(マイクロカレントクロス)微弱電流を流すことで、

リラックス時に働く副交感神経をより高めることでより、睡眠の質が高まるようにしていきます。

また生活習慣や日々のアドバイスさせて頂くことで、より自律神経が安定し日常生活の質が向上するようにサポートします。

「※本記事は厚生労働省認可の国家資格者:柔道整復師 関野健太郎が監修しています」